医療レーザー脱毛の痛みと効果、痛み軽減の方法

MENU

医療レーザー脱毛は痛い!?その対策は?

医療レーザー脱毛は太い濃い毛ほど効果が高く、細い薄い毛ほど効果が出にくいとお話ししました。
(⇒毛質によって必要な回数は変わります!

 

実は毛の濃さは、痛みとも密接な関係があります。
太い濃い毛ほど効果が高いのですが、その分痛みも強いのです。

 

医療レーザー脱毛は効果は高いのですが、その分痛みも強いというデメリットがあると言われています。

 

痛みに悩む女性

 

ただ過剰な心配はいりません。

 

痛いのは最初だけ?

医療レーザー脱毛の痛みと効果について【痛み軽減の方法アリ】

 

回数が進むにつれ、レーザー脱毛の効果が出て、毛はどんどん細くなっていきます。
すると、それにつれて痛みもどんどん少なくなっていくのです。

 

つまり、痛みが強いのは最初の方が中心になるということですね。

 

最初の痛みについて対策ができれば、その後は問題なく脱毛できそうですね。

 

痛みが出やすい部位を知っておこう

VIOライン

 

毛の太さと関係なく、痛みを感じやすいのが皮膚が柔らかく、骨に近い部位と言われています。

 

これに最も当てはまるのがVIOゾーンですね。
敏感な部分ですので、痛みが強そうと言うのは何となく想像できますよね。

 

「最初に照射した時、ビックリするくらい痛くて涙が出た」
という人もいるくらいですが、何かできる対策はないのでしょうか?

 

医療レーザー脱毛の痛みを軽減する方法はあります!

痛みがなくなってOKの女性

 

「痛いのなら、医療レーザー脱毛はちょっとやめておこうかな・・・」
とおじけづいたアナタ、ちょっと待った!!

 

安心してください。痛みを抑える方法はあります。

 

普通にそのまますれば痛いVIOラインのような部位でも、痛みを抑えて医療レーザー脱毛をする方法教えます!

 

レーザーの出力を落とす

 

医療レーザー脱毛の出力ダウン

 

照射するレーザー脱毛機では、出力を落とすことが可能です。
痛みが強い場合、レーザーの出力を落としての照射をはよく行われています。

 

最初に照射をしてみて、痛ければ無理ない程度に出力を落とす。
また逆に、少しずつ出力を上げるという方法にしていくことも可能です。

 

出力を落とすと効果もその分落ちるので、通常よりも多く回数が必要になるかもしれないことは覚えておきましょう。

 

お肌の調子を整えておく

 

美肌で痛みを抑える

 

意外かもしれませんが、お肌の調子を整えておくと、医療レーザー脱毛の痛みが軽減できます。

 

肌荒れや乾燥があると、痛みが出やすくなってしまいます。
日頃から保湿ケアなどをしっかりと行っておくと、ある程度痛みの軽減ができますよ。

 

麻酔を使う

 

麻酔で痛みを軽減

 

医療レーザー脱毛ならではのメリットとして、麻酔を使うことができます。

 

クリニックにより異なりますが、痛みを感じにくくする鎮静クリームから、吸入して使う笑気ガスというのがよく使われる方法です。

 

ご自身の痛みに対する感じ方に合わせて、使用を考えると良いでしょう。

 

痛みの少ないレーザー機種を使う

 

 

ライトシェアデュエット

 

クリニックによって利用できるレーザー脱毛機は様々で、それぞれに特徴があります。

 

例えばアリシアクリニックのライトシェアデュエットは、レーザーの中でも痛みの少ないダイオードレーザーに加え、さらに吸引システムでムダなく照射することで、ほぼ無痛の照射が可能と紹介されています。
>>>医療レーザー脱毛で人気クリニックはこちら

 

 

以上のような方法を組み合わせれば、かなり痛みの少ない快適な医療レーザー脱毛ができますよ!
是非できる対策を行ってみて、キレイなお肌を手に入れてください!