毛周期と回数、期間の関係

MENU

医療レーザー脱毛は毛周期に左右されます

医療レーザー脱毛では、何度か回数を重ねたり、間隔を空けたりする必要があります。

 

たとえば、

 

  • 1回の照射で効果があるのは三分の一(20-30%)の毛だけ
  • 毛周期に合わせて間隔を空ける必要がある

 

このように医療レーザー脱毛のは毛周期と深い関係にあるわけですね。

 

この毛周期と回数や間隔との関係について詳しくお話ししていきます。

 

レーザー脱毛は「成長期」にある毛だけに効果がある

毛周期

 

毛には主に成長期、退行期、休止期というサイクルがあります。
このうち医療レーザー脱毛の効果が出るのは主に成長期にある毛だけです。

 

これが、「1回の照射で効果があるのは三分の一(20-30%)の毛だけ」の理由になります。

 

成長期以外にある毛は、次に成長期に回ってくる時を待って照射する必要があります。
これが「2〜3ヶ月間隔」にする理由です。

 

だいたい3回照射した時点で、ようやく全体的に照射が完了するという感じですね。

 

照射した毛は毛周期がズレてくる

医療レーザー脱毛の効果が出てくると、次に生えてくる毛は以前より弱々しい細い毛になり、毛の成長速度も遅くなってきます

 

成長期にある毛でないと効果が出ないので、ある程度毛が生えそろう(=成長期にある毛が増える)まで照射は待つ必要があります。

 

脱毛の後半になるにつれ、間隔を2〜3ヶ月間隔から3〜4ヶ月間隔になるのはコレが理由です。
最後の方になると、「また生えそろった時に照射」となるので、もっと間隔が空くこともあります。

 

時々、「通う頻度を多くして、もっと早く脱毛できないか?」と言っている人がいますが、毛周期を無視して照射してもムダ打ちになるだけです。

 

だから、最適な医療レーザー脱毛をするには、毛の生え具合を見ながら適切な時期に照射をするのが賢いやり方です。

 

こちらの医療レーザー脱毛回数の目安も参考にしながら、ある程度の予測を立てて、後はクリニックの方とよく相談しながら進めていくようにすると良いでしょう。